<< 耳ツボダイエットについて | main | 代償運動の見極めの大切さ >>

鍼の治効について

0
     西条先生による鍼の6つのメカニズム

     〜反ヂ蚕による生体防御機転の刺激
       拘縮した部位や筋肉の発達には、既存の組織を壊すことが必要なことがある
      筋への刺激により、筋の過緊張を緩和し、血液循環をよくする刺激局所作用
     6攣彪磴砲茲觚魎郷牲个魃鷽艦とする反射作用
       交感神経を介して、神経系・内分泌・消化・免疫機能に作用する可能性
     と乕罅θ蕾質反セ彪磴砲茲詆交感神経機能を主体的に高め、自然治癒力を高める機転
       坐位+呼気での刺激(皮下刺激)
     ズ前婿の低周波鍼通電療法による全身的に適度な交感神経機能亢進作用
       アトピー性皮膚炎や喘息などに応用
     Σ薜婿の低周波鍼治療通電療法による全身的で交感神経機能の過緊張を解く作用
       
     西条先生は鍼治療を物理療法の一種として位置づけており、鍼以外の物理療法でもこれらのメカニズムを応用して行う。
     ポイントは姿勢・呼吸・電気刺激

    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM