<< 腰部脊柱管狭窄症でも安静時痛の可能性がある | main |

腰痛にはまず、薬以外の方法で対処したい。

0

     引用サイト http://pmc.carenet.com/?pmid=28192789 


       Noninvasive Treatments for Acute, Subacute, and Chronic Low Back Pain: 

       A Clinical Practice Guideline From the American College of Physicians.


    腰痛には、色々な種類がありますが、非特異性腰痛という、神経症状のない、骨疾患もない器質的ー構造上の問題のないものがあります。

    これらの腰痛には、薬以外で対処することが、最初に勧められるいった報告です。

    対処の内容は、基本的に腰部を温める、自動的または他動的に腰部を動かすことです。

    さらには有酸素運動やリラックスすることも、腰部の血流改善として重要であると思われます。

      現在の問題点として、病院にかかるとまず湿布薬や鎮痛剤が処方され、患部の温熱やストレッチや運動療法、リラクゼーションなどの指導や針治療などの方法は提供される機会がないと言うことです。

     この背景として、腰痛の多くが退行変性であり、運動器を刺激し、動かすことがその原因を改善することできるためであろうと思われます。

      薬は便利ですが、痛みの抑えるだけでは根本的な対処にならないようです。

      人間には腰痛などから、自身が治す力を持っていることを再確認して対処したいものです。