<< 徒手療法について | main | 非特異性腰痛の種類 >>

はり・きゅう保険治療について

0
     保険治療の利点について
     保険治療を行うには、医師の同意が必要である。この場合に診察をして頂く訳だが、以前にも書いたように、悪性腫瘍やその他の疾患を鑑別していただける事である。以前に腎がんから来る腰痛および坐骨神経痛で来院された方がいる。当院ではもちろんわからず、専門医の受診によって初めてわかった場合がある。この方は足の神経症状があったのですぐに専門医の受診をすすめたが手遅れだった。また、腰痛のあった結石の方もいる。いずれも早期の医師の診察があれば、回避できたかもしれない。
     それだけではない、心ある医師は、腰部の状態などを詳細に報告してくれる。それによって前述の腰痛の原因について情報を頂ける、これは患者様にとっても有益である。治療法の選択が的確に行えるからである。
     よく「患者様のため」というが、患者様の将来や経済的負担、症状回復の予後を見据えて考えることが「患者様のため」になるのではないか。リピーターになって頂くための、短期的な心地よさや満足度だけ重視してはいけないと考えている。 
     保険治療は医療機関の診療も援助できると考えている。以前から医療機関は非常に忙しい、鍼灸での保険治療の対象病名は慢性疾患が多く、医師は薬物療法を処方するが、この痛み関係の薬は副作用が強く、長期の服用は困難な場合が多い。
     さらに機能的な問題を解決するために、整形外科的なリハビリが行われる。理学療法士も重症患者や手術後の患者、介護保険関連の施設では訪問リハビリなどで非常に忙しく、ゆっくりと治療できないのが現状なのである。私は理学療法士を20年やっていたのでよくわかる。
    これらの医療機関で十分にフォローできない側面を鍼灸保険治療でバックアップできればと考えている。ただし、大切なのは機能的な側面を治療する必要があるということである。最終的には痛みの改善だけでなく日常生活の向上である。ここまで改善できれば社会的な存在価値があがると考えている。</大>