<< はり・きゅう保険治療について | main | 鍼灸保険治療2 >>

非特異性腰痛の種類

0
     今回のテーマは腰痛。
    ひとことで腰痛といってもいろいろな種類がある。
    よくみられる腰痛は4種類
     1)筋筋膜性の腰痛:
      腰部周囲の筋膜が硬くなり、炎症を伴うもの、一般にいうトリガーポイントが存在する。これは針治療効果的である。とくに多裂筋や腰方形筋、大腰筋などに生じるが深部の骨付着部に生じるものはなかなか治療が難しい。なぜなら触診がむずかしいからだ。これらの筋肉は伸展位(腹臥位)では探すのが困難で側臥位や腰部屈曲、骨盤の後傾位をつくる必要がある。
     こうやって筋硬結部を間接的に触ることができるが、治療となると深部の筋膜を刺激する必要があるので、針治療が必須なのである。
     一般に針治療が即時効果を示すのはこのタイプである。
    2)椎間関節性腰痛 
     脊柱の外側にある関節由来の疼痛。これらの治療には関節の動きを改善する必要があるため、徒手療法が必要になる。関節のひっかかりや硬さをとるためである。
    3)椎間板性の疼痛
     脊椎間の軟骨の痛みである。多くは変性がみられ、ヘルニアの軽いものも含まれる。長時間坐位や立位で腰部や臀部下肢に痛みを広げる。神経痛までとはいかないが鈍痛が多い。このタイプの腰痛は回復に時間がかかる。 牽引や伸展位の運動療法(マッケンジー法)などが効果的と言われるものである。しかしこの姿勢の取り方が難しい。中には悪化するタイプもあるからである。
    4)骨性の腰痛
     骨粗鬆症などにみられる。骨膜の痛みである。骨の治療が優先され、局所の固定が一時的に必要となる。痛みが軽減したら、下肢や腰背部筋力運動を行うことは意味がある。
     これらの腰痛を評価し、原因を見極めて治療をすることが大切である。</大>

    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM