<< 鍼灸保険治療2 | main | シンスプリントについて >>

ツボの考察

0

     鍼灸学ではツボ(経穴)を重視する。これは身体エネルギーである「気」が巡るところという説明があるが、実証医学である西洋医学では通用しない。これは私見だが、いくつかの機能的な部分として分類できる。
     1)トリガーポイントを形成しやすい場所ー筋肉が硬化し、循環障害をおこし、神経が過敏化(感作)する場所(経穴の7割はこの部分と一致するといわれる)
     2)末梢神経の場所、比較的表層を通る部分 関節付近ではこの部分がおおい。
     3)大きな静脈や動脈がある部分。
    これらを総称して経穴と呼んでいると思われる。

     実際経穴を解剖学的に調べても他の部分と比較して変わった所はないという研究結果があり、目に見えるような特異性はない。

     しかし、これらのポイントを刺激すると体が変化するし、症状の軽減にも役立つので、古来からの経験による方法論は決して間違っていないと思う。

     さらに具体的なツボの効果にも触れていきたいと思う。</大>


    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM