<< シンスプリントについて | main | 耳ツボダイエットについて >>

理学療法と鍼灸の併用

0
     腰痛や頚部痛の障害で椎間関節の障害がよくみられる。これらの障害はよく見られるし、手足に痛みを飛ばすので(関連痛)ややこしくなる。
     しかしこの椎間関節の障害とは関節が硬くなって、関節が圧迫されると痛みを生じやすくなる。これらの原因は関節を包む袋が硬くなったり(関節拘縮)、関節をまたぐ筋肉がけいれん又短縮する場合がある。 理学療法ではこれらを手を使って行う(徒手療法)のだが、筋肉のけいれんがある場合はさすがにのばしても元に戻ってしまう。この状態にうあるときにけいれん筋に針を触れるように刺すと(筋膜を刺激)すると持続的にとれてしまう。このときに徒手療法と鍼灸との併用が良いと痛感する。
     しかし、この方法は関節運動学や徒手療法の技術が必須なのである。
     これらを併用して治療技の向上に役立てようと日々施術をおこなっている</大>

    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM